タグ:モンタフォン ( 60 ) タグの人気記事

Flying-Fox ジップラインに初挑戦

e0088895_7184857.jpg
公園とかで見かけるあのターザンみたいな遊具ターザンロープのハーネスつけた版、ジップラインに乗ってきました。

Wikipediaによりますと・・・

ジップライン(ZIP-LINE)とは、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りる遊びである。Flying foxともいう。


More
[PR]
by siasses_lebn | 2016-07-24 05:16 | 乗り物 | Comments(2)

標高2130mで朝ごはん♪

e0088895_604293.jpg
昨年旦那が誕生日プレゼントにもらったBergfrühstück(アルプスの朝ごはん)のギフト券を利用して、朝ごはんを食べに行ってきました。

場所はガルゲレンのシャーフベルクヒュースリ
地元の人にも評判の朝食バイキングです。
e0088895_6383298.jpg
夏休みということもあってか、たくさんの人で賑わっていました。

ロープウェイで一緒になったスイス人のご夫婦は、この辺りではここの朝食バイキングが1番のお気に入りで昨年は4回も来たとか。

電話での事前予約時に、8時からと言われたので
張り切って8時前に着くように行ってみたら・・・
なんと8時半からでしたemoticon-0104-surprised.gif

8時半からロープウェイが動き始めるので、それに乗って山頂レストランまで上がり
11時までが朝食バイキングタイムでした。

More
[PR]
by siasses_lebn | 2016-07-22 06:44 | 料理・デザートetc | Comments(2)

アドベントの展示会

先週麓にも雪が降りまして、一気に冬になりました。
e0088895_8121799.jpg
雪の降る中、アドベント(待降節)の展示会巡り♪

More
[PR]
by siasses_lebn | 2015-11-26 08:36 | オーストリア生活 | Comments(2)

後輩と山歩き

9月のお話しです。
後輩と山にも行きました。
e0088895_758885.jpg
リューナー湖

この日は生憎のお天気。
しかも湖の周りは強風でした。

湖の水量も少なく、あの美しいエメラルドグリーン色も見れず。。。

天気がこの後崩れるかもしれない、とのことで
急ぎ足で目的のGasthofへ。

More
[PR]
by siasses_lebn | 2015-11-12 08:32 | オーストリア | Comments(2)

後輩と山小屋(Wormserhütte)へ

大分時間が経ってしまいましたが・・・9月に大学の後輩が遊びに来たときのお出掛け記です。
e0088895_4195553.jpg
Wormserhütte 2307m

この山小屋に来たのは久々ですが、雨戸が新しく塗り替えられて綺麗になっていました♪

More
[PR]
by siasses_lebn | 2015-10-26 05:45 | オーストリア | Comments(2)

今年初めての山歩き



1ヵ月ほど前のことになりますが・・・

1年ぶりの・・・
e0088895_14314457.jpg
Wiegensee

山に行きたくてウズウズしてたのですが、やっと実現できました。
が、昨年よりちょっと時期も遅かった為か、アルペンローズは見事に終わっていて、ガッカリ。
でもやはり山は良かったです。空気もおいしくて、ひらすら歩くことによってかなりリフレッシュできました!


More
[PR]
by siasses_lebn | 2014-09-15 19:13 | 山歩き | Comments(6)

アルプスのシュタインボック

先日、旦那と旦那の友人が山に登るというのでジルブレッタ湖までついて行きました^^
e0088895_16485112.jpg
朝方の教会。早朝とういだけあって、ニット帽持参すれば良かったというくらい寒かったです。
e0088895_16493872.jpg
旦那たちが目指したのは・・・Vallüla(2,813m)という山。
e0088895_16561692.jpg
湖側から撮影した山頂。
山頂付近はクライミング&落石が多い場所とのことで・・・ヘルメット持参。
熟練者コースということもあり、私は湖の周りを散策することに。

という訳で、今日は私ではなく・・・旦那が撮影した写真をご紹介したいと思います。
e0088895_16544882.jpg
中腹からの眺め。

と、この後旦那たちはなんと!
アルプスのシュタインボック(アルプスアイベックス)に遭遇したのだそう。
e0088895_1701197.jpg
e0088895_1705730.jpg
拡大図^^
e0088895_1712982.jpg
e0088895_171555.jpg
e0088895_1722336.jpg
e0088895_1724730.jpg
e0088895_173599.jpg
ち、近い!
e0088895_1734439.jpg
e0088895_1761160.jpg
e0088895_1763788.jpg
e0088895_1771921.jpg
絵になります。
e0088895_1774555.jpg
e0088895_1782164.jpg
e0088895_1784168.jpg
e0088895_1791777.jpg
矢印の所にいるのが、シュタインボックです。

私のコンパクトカメラのズームの性能も悪くない?なーんて。
e0088895_17111218.jpg
こんな写真も。
e0088895_17114822.jpg
e0088895_17124742.jpg
e0088895_17122568.jpg
e0088895_17142331.jpg
山頂目指す友人の姿とシュタインボック♪
e0088895_1715547.jpg
山頂付近から・・・3匹のシュタインボック。
(岩に同化してしまってますね^^;中央辺りにいます。)
e0088895_1716547.jpg
これを見て、「3びきのやぎのがらがらどん」という絵本を思い出しました。
3匹っていうのと、角があるのが似てるだけですが^^;
e0088895_17162345.jpg
e0088895_17164451.jpg
見てますね^^
e0088895_17172878.jpg
山頂に立つ、旦那の友人♪
e0088895_1723754.jpg
山頂の十字架。
e0088895_17175718.jpg
山頂からの眺め・・・モンタフォン谷方面。
e0088895_17223537.jpg
ジルブレッタ湖と氷河を望む。

シュタインボック、いる所にはいるんですね~。

一眼レフ+望遠レンズあったら、もっと良い写真が撮れていたでしょうね。
でも、偶然遭遇した野生動物の写真が撮れただけでも、ラッキーということで。

私もいつかこの目でシュタインボックを見てみたいものです。
が、この山は登れないと思います。
(山頂付近の石が緩いと聞いて、それだけで恐怖です。)

朝8時少し前に出発して、12時には戻ってきた旦那たち。
多分標識より少し速いペース?で、往復4時間のコース。

次回は、私が下(湖周辺)で撮った写真をご紹介しますね^^


=つづく=
[PR]
by siasses_lebn | 2013-08-27 17:38 | 犬・動物etc | Comments(8)

洗礼式

先日、3月に誕生した知人の赤ちゃんの洗礼式がありました。
e0088895_19272143.jpg
絵本の中から抜け出してきたような3人♪
e0088895_19311266.jpg
母親になった女性って輝いていますね^^

既婚女性のみが身に着ける帽子には大きなリボン!これがまた素敵で♪
うっとり見とれてしまいました。

モンタフォンの民族衣装はやはりいつ見ても素敵!
地元の人たちの誇りです。

[PR]
by siasses_lebn | 2013-06-27 19:34 | オーストリア生活 | Comments(2)

初ハイルブロンナーヒュッテ

先週、義姉とその恩師ご夫婦と一緒に、初めてハイルブロンナーヒュッテ(2320m)を目指しました。
行き方は何通りかあるようですが、選んでもらったのは一番簡単なコース^^
Silvretta山岳道路を通って、Silvretta湖より先のKops湖に車を止め、そこから出発しました。
7月の初めに訪れたWiegenseeの後目指した場所です。
(シュルンスからKops湖まで行くバスが出ています。またチロル側ランデックからもバスが出ています。)
e0088895_15123881.jpg
牛たちがまだ山の上にいました。
左に見えている道から出発です!
e0088895_15134838.jpg
Zainis湖
7月の初めにハイキングした時は、ここを下ってKops湖を目指しました。
e0088895_15194916.jpg
Kops湖を背に進んで行きます。
e0088895_15251685.jpg
Alpen Leinkraut (Linaria alpina) ゴマノハグサ科ウンラン属 が咲いていました。
e0088895_1530166.jpg
反対側にはWiegenseeからの道、遠くにはSilvretta山岳道路が見えます。
e0088895_15322423.jpg
Silvretta山岳道路^^
e0088895_15331054.jpg
Alpe Verbellaが見えてきました。ここでも夏の間牛たちが放牧されています。
e0088895_15355540.jpg
e0088895_15375521.jpg
山小屋から右手に上がって行く道と、左手の道路沿いを行く道があります。
e0088895_15384779.jpg
行きは右手の道を通りました。一息上ったところからの眺め。
e0088895_15393681.jpg
谷の反対に見えている道は、Güterwegと言って車が通れる道です。
といっても誰でも車で通って言い訳ではなく、山小屋への荷物輸送用に使われています。
ここですと、マウンテンバイクも走れます!
e0088895_15413036.jpg
山の上の方に、白と黒の点を発見。どうやら放牧中に逃げ出してしまった羊たちのようでした。
(こんなに遠くまで来てしまって・・・捕まっているといいな)
e0088895_15425369.jpg
朝早かったので、人が全然いなくて大自然を満喫できるコースでした。
e0088895_15435684.jpg
この標識からも分かるように、マウンテンバイクで走れるコースがあります。
e0088895_15445243.jpg
e0088895_15454632.jpg
マーモットがいました!どこにいるか分かりにくいですよね。
e0088895_15482465.jpg
ここです^^
マーモットがいる!!!と夢中になっていたら、
なんと目の前の小さな丘にもマーモットが。
e0088895_15492999.jpg
茂みから顔を出している姿が可愛かったです。
e0088895_1550197.jpg
e0088895_15505212.jpg
このちょっとこんもりした場所にマーモットがいました。
e0088895_15512359.jpg
矢印の所に、山小屋が見えてきました!!!
e0088895_15521197.jpg
e0088895_15523642.jpg
道沿いに咲いていたFleischers Weidenröschen (Epilobium fleischeri)
アカバナ科アカバナ属 日本ではヒメヤナギランというのに似ているようです。
e0088895_15553310.jpg
山小屋にだいぶ近づいてきました。
最後の上り!!
e0088895_15571432.jpg
ここからチロルのSt.Antonまでも歩けるよう。
その他このブログにもよく登場している山小屋Wormserhütteまでは8時間半!
e0088895_1601980.jpg
黒い境界線がフォアアールベルクとチロル州の境です。
e0088895_160487.jpg
奥に見えている湖はチロル!
e0088895_1622047.jpg
山小屋まで後5分の所まで来ました^^
e0088895_1625490.jpg
ついに、山小屋に到着~♪最後の上りが結構キツかったです。
e0088895_1634634.jpg
山小屋のテラスからの眺め。歩いて来た道が見えています。
ロープウェイ等で気軽に来れる場所ではないだけあって、頑張って歩いた甲斐がありました。
e0088895_1642325.jpg
e0088895_1644027.jpg
山小屋の食堂。
風が冷たい日だったので、室内に座ることに。
e0088895_1652099.jpg
食事のメニューに、この山小屋から行けるコースの説明が載っていました♪
e0088895_166020.jpg
義姉が頼んだコーヒーのマグカップ♪

この後皆でランチタイム♪
=続く=
[PR]
by siasses_lebn | 2012-09-25 16:16 | 山歩き | Comments(8)

友人が急きょフォアアールベルクへ

趣味を通じて知り合った友人から、ドイツの南の町に滞在中と連絡を受けたのは9月に入ってから。
ヨーロッパに来ていることは知っていたけれど、まさかこんなに近くにいるとは!
それならば会おう!と一度彼女と中間地点でお茶をしたのですが、
その後彼女は急きょ予定を変更して、フォアアールベルクに遊びに来てくれました。

彼女の滞在中、晴れている日に一緒に山の上に出かけました。
ダイジェスト版でお送りします^^

e0088895_1931969.jpg
最後の日に食べたランチ
スイス版ポテトパンケーキ ロシュティ♪
目玉焼きもついています!

ハートの木の器が何とも可愛かったです。


More
[PR]
by siasses_lebn | 2012-09-19 20:19 | 山歩き | Comments(7)

*オーストリア生活記* グリュース・ディッヒ!ご訪問ありがとうございます。オーストリアは西から。写真メインのブログです。西側の魅力を少しでもお伝えできればと思っています☆


by snowdrop