カテゴリ:乗り物( 4 )

Flying-Fox ジップラインに初挑戦

e0088895_7184857.jpg
公園とかで見かけるあのターザンみたいな遊具ターザンロープのハーネスつけた版、ジップラインに乗ってきました。

Wikipediaによりますと・・・

ジップライン(ZIP-LINE)とは、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りる遊びである。Flying foxともいう。


More
[PR]
by siasses_lebn | 2016-07-24 05:16 | 乗り物 | Comments(2)

レイルジェット ファーストクラス乗車記 

11月にウィーンを訪れた時、レイルジェット(オーストリア連邦鉄道の国際特急列車)の
ファーストクラス(1等車)を初めて利用しました。


e0088895_15343572.jpg
座席配置が、2列・1列編成になっています。
(2等車は2列・2列編成。)
座席がゆったりしていることはもちろん、座席と座席の間にもゆとりがあります。
リクライニングも可能です。
e0088895_1537599.jpg
1人掛け用の座席も。
e0088895_15383580.jpg
4人掛けのテーブル席もこの通り。

そして、2等車との大きな違いは・・・
e0088895_1540127.jpg
ウェルカムサービスとして、お菓子が配られたり。
e0088895_154132.jpg
雑誌や新聞配布サービスもあります♪

さらに、給仕さんがいて座席まで運んできてくれるサービスもあります!
e0088895_15423313.jpg
メニューもなかなか充実しています。
e0088895_1543564.jpg
コーヒー・カプチーノは1.9ユーロから。

しかもご飯がおいしい!
e0088895_1545221.jpg
e0088895_15455130.jpg
帰りの電車で、チキンカレーを頼んだのですが、これが美味しかったです♪
最初の写真のパプリカの煮込み料理も美味しくて、サプライズでした。

行きの電車では、パン屋さんでサラダやパンなど持ち込んで乗車したのですが・・・
こんなことなら最初からこちらにしておけば良かったというくらい。

電車内のレストランだと値段もするだろう・・・と思っていたら
意外に良心的な値段で、次回からは1等車に乗ることがあったらこちらを利用したいと思いました。
(食堂車があるので、2等車の方もそちらで食べることが可能だと思います。)

なんと、行きも帰りも同じ給仕のお姉さんで、
向こうも覚えていてくれたことにびっくり^^
フレンドリーでサービスが行き届いていました。

ちなみに、今回は鉄道会社のパッケージを利用したので
片道10ユーロで2等車から1等車に変更できると言われ、初の1等車乗車となりました^^

ÖBBのサイトからですと、
キャンペーンによっては、やはり片道プラス10ユーロで1等車の予約が可能だったりします。
(ただ、指定した電車にのみしか乗車できないという制約があります。)
ちなみに私の所からウィーンまでの通常料金だと、片道プラス50ユーロの差です。

これらのサービスや座席のことを考えると・・・
長距離移動ではまた1等車に乗りたいなぁ、なんて^^
(グループ旅行とかでしたら、特に。)
e0088895_1621531.jpg
帰り、ザルツブルクの駅を出た後にホーエンザルツブルク城をパチリ。
e0088895_1634730.jpg
e0088895_164162.jpg
チロル地方に入ってからの夕焼けが綺麗でした。


[PR]
by siasses_lebn | 2013-01-16 16:26 | 乗り物 | Comments(6)

KYOTO EXPRESS

e0088895_1858380.jpg

初めて見ました。KYOTO EXPRESS。
京都の文字が嬉しい^^
携帯カメラで、車の中から撮影したものです。


何でも、京都議定書の発効促進に関連して、ÖBBが制作した車輌のようです。

[PR]
by siasses_lebn | 2012-10-03 19:08 | 乗り物 | Comments(4)

妹の帰国&~レイルジェットの直前予約指定席について~

妹帰国日の朝は、早めに家を出て、駅のパン屋さんで朝食♪
e0088895_220467.jpg
林檎が詰まった焼き菓子(パン?)
e0088895_2204752.jpg
ココア♪

朝食後、妹はレイルジェットに乗ってチューリッヒ空港へ向かったのでした。

~旅のヒント~

そういえば、妹をチューリッヒまで迎えに行ったときに、気になったことがあったのでここに書いておきます。
チューリッヒ中央駅からレイルジェットに乗ったのですが・・・下車駅手前で「ここは私の席よ~」という人たちが乗ってきました。空席だと思っていた私たちは、どかなくてはなりませんでした。(1駅だから、問題はなかったのですが。)通常は、予約されている場合には指定区間の駅名が表示されています。
例:Zürich Hbf-Salzburg Hbf (チューリッヒ中央駅~ザルツブルク中央駅)等 

座る時に迷ったのですが、特に駅名もなかったので座ることに。ただ、こんな風に表示されていました。
e0088895_2261577.jpg
初めて出くわしたので、意味が分からなかったのですが・・・ggf.freigebenは直前予約の指定席なのだそうです。「座っても良いけれど、予約をした人が来た場合は、席を空けて下さい」という意味。途中から指定券を持った方が来る可能性があるので、長距離移動で席を予約していない場合は何も表示されていないところに乗るのが確実でしょう。

ggf.=gegebenenfalls(場合(事情)によっては、必要な場合には)
e0088895_2295971.jpg
これが空欄表示の場合。別の日に、別の車両で撮影しました。

チューリッヒから乗った車両はほぼ全てにggf.freigebenと表示されていたので(優先席には表示がありませんでした)、もしかしたらその車両が直前予約が入った場合専用だったのかもしれませんが・・・こんなにこの表示を見たのはこの時が初めてでした。また1つ勉強になりました。


これで妹の滞在記は終わりです♪
最後までお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by siasses_lebn | 2011-05-31 22:20 | 乗り物 | Comments(4)

*オーストリア生活記* グリュース・ディッヒ!ご訪問ありがとうございます。オーストリアは西から。写真メインのブログです。西側の魅力を少しでもお伝えできればと思っています☆


by snowdrop