カテゴリ:音楽( 11 )

クリスマスコンサート

今夜は、旦那が会社のクリスマスパーティーでいないので
1人でクリスマスコンサートへ行ってきました♪
e0088895_621458.jpg
e0088895_62302.jpg
素敵な電子型ピアノが置いてありました。

今回は、音楽一家のコンサート。
お母様がソプラノ、お嬢さんはアルト/ヴァイオリン
息子さんが、ヴィオラ/ヴァリトン。お父様がピアノ。
もう1人の息子さんはテノールのようですが、今日は残念ながら病気のため欠席でした。

一家で音楽が奏でられるって素敵!
楽器も良かったけれど、ハーモニーがなんともいえず、うっとり。。。


皆さん、クリスマス前で忙しい時期なのでしょう。
聴衆が少なかったのがすごく残念なくらい、心温まるコンサートでした☆

余韻に浸りつつ・・・ブログの更新していこうと思います。

[PR]
by siasses_lebn | 2012-12-15 06:12 | 音楽 | Comments(2)

エレルヘイン(エストニア少女合唱団)がバーデンの国際コンクールで歌います。

おとといの午前中。
ふとしたことから久々にエストニアの少女合唱団「エレルヘイン」の歌声をYou tubeで聴きました。

その日の午後、エレルヘインで歌っていた友達が、SNSにエレルヘインの写真をアップしたではありませんか。思わず、いいねをクリックしました。

すると次の日、彼女からメールが。
エストニア語だったので分からなかったのですが、6月に合唱団の60周年のお祝いをするとのこと。その時に卒業生も皆集まって、指揮者の先生の為に歌うそうなのです。それに関連しての写真だったようです。

それに加えて、エレルヘインが今週、オーストリアで開催される国際コンクールに出場するとの嬉しいお知らせもありました。

オーストリアといっても、ウィーンとかだろうなと思っていたらやはりバーデン(Baden bei Wien)。
ここからは、日帰りで行くにはちょっと厳しい距離。

という訳で、残念ながら私は行けませんが・・・(ウィーン在住ってやはり憧れます。)
日本にも何度か来日にしている、エレルヘインの歌声を
オーストリアで聴けるチャンスということで、お知らせです。

エレルヘインが出場するのは「Ave Verum」という合唱の国際コンクール。

出場団体は、ノルウェー・スウェーデン・ハンガリー・ドイツ・ベラルーシ・アメリカ・エストニア・オーストリア・アルゼンチンの各国から。

2012年5月11日(金)
パートA 10:00~12:00 14:00~16:00 Stadttheater(バーデン) 入場無料
2012年5月12日(土)
パートB 13:30~15:30  Stadttheater 入場無料

詳細はhttp://www.aveverum.at/のtimetable
または、http://www.aveverum.at/→Media→Download→Handout Publikum.pdf
e0088895_2127311.jpg
会場となるStadttheater コンクールのサイトより

エレルヘインが聴けるのは次の通り。
(こちらは元団員がコンクールに出場する団員から聞いた情報)

5月11日(金)14:40 Stadttheaterにて (コンクールⅡ パートA)
同日夜 19:45~20:00 St. Stephan(バーデン)にて
5月13日(日)19:30 Wotruba Kirche(ウィーン)にてコンサート
5月14日(月)バーデンにてコンサートの可能性有り。詳細未定。

コンクールのページにはモーツァルトのAve verum corpsの楽譜がダウンロードできるようになっています。コンクールと関係あるのかなぁと思ったら、なんとモーツァルトが晩年(1791年6月17日)このバーデンで作曲した曲だったのです。詳しいことは分かりませんが、皆で合唱するのかもしれませんね。

エレルヘインについて
歌の大国、エストニアを代表する合唱団。2004年にはBest Choral Performance部門でグラミー賞を受賞。世界各国の数々の合唱コンクールでも優勝、上位入賞しています。

エレルヘインの歌声が聴ける動画


エストニアとの出会い
[PR]
by siasses_lebn | 2012-05-09 21:30 | 音楽 | Comments(5)

未来の友達 福島バージョン♪

昨年の12月にこちらでご紹介させていただいた、スイスの子どもたちが歌う「未来の友達」。
今回福島の中学生が歌う福島バージョンができたとのことで、こちらで紹介させていただきます。




スイスの子供達が歌ってくれた震災復興を願った歌「未来の友達」それを福島市の中学生有志がカバーしてくれました。 福島はまだ色んな助けが必要ですが、福島から発信されるものに他の地域や世界が耳を傾け、彼らが与えてくれているものにも我々は日々助けられているという事に気付く事も大­事ではないかと。そんな思いを込めてこの動画を作りました。 福島市の中学生の美しい歌声をお楽しみください。

福島といえば、中・高と合唱が盛んなイメージなのですが・・・
有志の中学生たちが美しい歌声を披露しています。

個人的には福島の子どもたちの笑顔が合間に見れて、良かったです。
いつかこの出会いが新たな出会いに繋がりますように。
[PR]
by siasses_lebn | 2012-02-27 20:20 | 音楽 | Comments(4)

未来の友達



"震災復興のためのメッセージソング"
全く日本語を知らないスイスに住む中学生たちが、日本語で歌います。
2011年3月11日に発生した東日本大震災についての報道は、テレビでも新聞でもほとんどなくなってしまいました。スイス・ベルン州オースタムンディゲン(Osterm­undigen)市のデニコフェン(Dennikofen)中学校の生徒たちが、「東日本大震災の被災者たちのことを、私たちは決して忘れないよ、いつかあなたに会いたい­。」というメッセージをこの歌で被災地の皆さんにお届けします。

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=31716126


先日、ブロ友さんのところで素敵な動画が紹介されていました。
皆さんとシェアしたく、ご紹介させていただきます。

日本のこと、思っている世界の人々がたくさんいます。
被災地の子どもたち、皆さんにこの歌声が届きますように。。。
[PR]
by siasses_lebn | 2011-12-14 18:50 | 音楽 | Comments(6)

Weu'sd a Herz hast wia a Bergwerk 結婚式でよく歌われる曲その3

昨日は夕方から雨でしたが、標高1800m以上には雪が積もりました。
通りで寒い訳です。最近、気温差が激しいです。
****************************************
e0088895_20174378.jpg
華鬘草/ケマンソウ 別名タイツリソウ 花言葉は、あなたについていきます。

今まで、こちら(フォアアールベルク)の結婚式でよく歌われる歌ということで・・・
その1:スイスのmashというバンドのEwigi Liäbi
その2:ブレゲンツの森出身のバンドWelcomeのmis liacht im leaba
をご紹介しましたが、今回はその3です。

オーストリアが誇る、シンガーソングライター/ラインハルト・フェンドリッヒの
『Weu'sd a Herz hast wia a Bergwerk』という曲です。




Weu'sd a Herz hast wia a Bergwerk
(Weil Du ein Herz hast wie ein Bergwerk)
直訳すると・・・なぜならあなたは坑夫のような心を持っているから

Weu Du stolz bist wenn du wanst
Und Di trotzdem zuwelahnst
Wü i Di
Weu ma warm wird wenn Du lachst
Und an Herbst zum Sommer machst
Wü i Di
Weu a bissl Glück für Di no lang net reicht
Weus'd bei mir bleibst wenn da beste Freund si schleicht
Weus'd a Herz hast wia Bergwerk
Weus'd a Wahnsinn bist für mi
Steh i auf Di

Weu i mit Dia alt werdn kann
Weu ma ewig Kinder san
Brauch i Di
Weus'd des brennen in mia fühst
Und mi nie besitzen willst
Brauch i Di
Weus'd den Grund warum du bei mia bist nimma wast
Weus'd an mir einfach an Narrn gfressn hast
Weu i nur bei Dia daham bin
Weus'd da Wahnsinn bist fia mi
Steh i auf Di

Weu a bissl Glück für Di no lang recht reicht
Weus'd bei mia bleibst wenn da beste Freund si schleicht

Weus'd a Herz hast wia a Bergwerk
Weus'd a Wahnsinn bist für mi
Steh i auf Di

Reinhard Fendrich

繰り返されている言葉で見てみると、Brauch i Di=I need you。Steh ich auf Dich=あなたのことが大好きとか、あなたの味方であるという意味が込められているようです。あなたに対して責任を持つという意志が感じられる点でも、結婚式にぴったりの曲ですね?

今週末の、とある田舎の小さな教会での結婚式で、この曲を歌う予定です。ギターの伴奏で。これまたこの辺りとは違った方言でして・・・(多分東の方?)、最近方言と格闘してます。
つい最近楽譜をもらったんですが、なかなか素敵なメロディーで、こちらで紹介しようと思い立った次第です。

私信:maruさん。この方言分かるか~い?

この人の曲で有名なものはたくさんありますが、その中でも特に有名なのは、秘めたる国歌としても知られている『I am from Austria』。オーストリア好きな方なら、一度はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。



ネットでサーチしてみたら、ミヒャエル三島さんという方が日本でもラインハルト・フェンドリッヒの歌を広めるべく、日本語版I am from Austriaを歌ったりしているようです。

記事はこちら



他にも良い曲がたくさんあるので、私の好きな曲の中からまたいつかご紹介したいと思います。


ちなみに明日6月2日は、Christi Himmelfahrt(キリストの昇天)で祝日です。金曜日を休みとして連休となる会社もあるようです。オーストリアの皆さま(近隣諸国の方も?)素敵な連休を~♪
[PR]
by siasses_lebn | 2011-06-01 21:30 | 音楽 | Comments(5)

Krauthobel モンタフォンのバンド

最近義母の家に行っていないので、更新できる猫の写真がありませんemoticon-0106-crying.gif
という訳で今日は、モンタフォン出身のメンバーで構成されているバンドの音楽をご紹介します!

以前にコメントでアルペン猫さんに教えていただいた1月9日にSWRで放送された番組にも登場していたKrauthobel(クラウトーベル)です。

周りで皆が(若い子まで^^;)クラウトーベル、クラウトーベルと言っている中、どんな曲を歌っているのか全く知らなかったのですが、今回TVで流れた曲はなかなか良いものでした♪

こちらは、偶然その放送された映像をYouTubeで見つけたものです。

モンタフォンの映像も流れますのでぜひご覧ください♪

D'r Winter (der Winter/冬) ※音が出ますので音量にご注意ください。



Krauthobel:モンタフォンで多分(?)地元の人に一番愛されているバンド。

Krauthobelとはキャベツスライサーのことで、モンタフォンはこのキャベツスライサーで有名だったんだとか。その昔、モンタフォンの人はキャベツスライサーを背負って、ザウワークラウト(キャベツの酢漬け)を作る主婦にキャベツスライサーを売るために村々を歩いて回ったのだとか。

モンタフォンでキャベツスライサーを販売する会社(もあります^^)

http://www.krauthobel-dietrich.at/

ドイツ語のみですが、レシピなどもあります。

このバンドの歌に、Sayonara Tante Klara(さよなら タンテ クラーラ/さよなら、クララおばさん)というものがあり、日本語の「さよなら」もよく知られている単語です♪
[PR]
by siasses_lebn | 2011-01-14 17:59 | 音楽 | Comments(4)

流星

http://youtu.be/wnMEfUutjkI

素敵な曲、見つけたのでご紹介します☆
手嶌葵さんの「流星」。吉田拓郎さんのカバーです。

手嶌葵さんの優しい歌声が大好き♪歌詞の日本語が心に染み入ります。


ただひたすらに 君が好き



リコーのCMで流れているようです。


■追記■2011.6.1
最初に載せていた動画が削除されしまったようなので、リコーのCMバージョンのアドレスを載せておきます。
[PR]
by siasses_lebn | 2010-12-22 21:09 | 音楽 | Comments(4)

mis liacht im leaba 結婚式でよく歌われる曲その2

ブレゲンツの森つながりで・・・
ブレゲンツの森出身のバンド、Welcomeの曲をご紹介します。

この辺りの結婚式でよく歌われる曲ということで、以前にご紹介したのがスイスのmashというバンドによって歌われている「Ewigi Liäbi」 (永遠の愛)でした。

それと同じくらいポピュラーなのがWelcomeのmis liacht im leabaという曲なんだそうです。 
e0088895_18133476.jpg

mis liacht im leabaとは標準ドイツ語だと、mein Licht im Lebenでしょうか。
(直訳すると、人生の私の明かり)

ブレゲンツの森には、モンタフォンにも劣らぬ(?)ブレゲンツの森地方の方言があって
モンタフォンの知人たちが口々に「あそこの方言は私でも理解するのが難しい」なーんて言っていました。
(フォアアールベルクは谷はもちろん村・町ごとに方言があると聞いてます。ひょえ~!)

ちなみにモンタフォンの方言ですと、Mi Liacht im Läbaとなるそうです。
結婚される方たちの出身によって、方言を変えて歌うようです。
それだけ、地元の言葉に愛着&誇りを持っているんだなぁとも感じます。

動画を探したのですが、残念ながらありませんでした・・・。

歌詞はこちら。

I woaß no guat wo n`i di searscht Mol gseacha ha.
Do han i gspürt i miar do isch eppas passiert.
Dine liabe Art dia heat mi fasziniert.
Und i han gwisst, du körscht zu miar.
Sit i di kenn got`s miar a jedam Tag so guat.
Du gisch m'r Kraft und machscht miar immar widar Muat.
Dine Aoga leuchtand strahland Liabe us.
Es isch so schöa, dass as di git.


Du bisch wia d`Sunna im Reaga,
bisch mis Liacht i minam Leaba.
Trücknascht alle mine Träna einfach uf.
Du bisch bi mir oh wenn d' net do bischt,
as got m'r guat, wenn i miar vorstell,
dass Du mi hebscht und seascht, i han di gern.


Du miar kut vor i mag di jeda Tag no me.
I möcht am liabschta nur i dinar Nöche si.
I woass du magscht mi grad so wia n`i bin.
Du das g'fallt miar so guat a diar.


Text: Barbara Kilga - Musik: Barbara & Norbert Kilga

歌詞の一部を直訳すると・・・

あなたは雨の中の太陽みたい
あなたは私の人生の明かり

と歌われています。


確かに、方言がかなりきついと思いますが・・・
モンタフォンの方言に似ているものも多いので、東の方の方言よりは理解できそうです^^;
(といってもなんとなーくこの単語が標準語でいうこれかな?みたいな感じです。)


動画がないのが残念ですが・・・とっても素敵なメロディー&歌声です。
もしもお時間があって聞いてみたい!という方は・・・こちらのページの06. mis liacht im leabaの右側にあるmp3というところをクリックして試聴していただけます。

別バージョンでこちらのページの14. Mis Liacht im Leabaの右側のmp3をクリックして試聴も可能です。

e0088895_18135818.jpg


写真は過去に撮った写真の中から、私のイメージで選びました。

(追記:2015年1月)
動画ありました!
http://youtu.be/2Dtc0wPCekE

More
[PR]
by siasses_lebn | 2010-10-13 18:25 | 音楽 | Comments(4)

An deiner Seite/Unheilig

皆さま、ご無沙汰しております。
来週以降またブログを更新していく予定です。
どうぞよろしくお願いします。
e0088895_714660.jpg
今回、以前から今日この日に・・・と考えていた音楽をご紹介します。

More
[PR]
by siasses_lebn | 2010-08-29 07:48 | 音楽 | Comments(9)

Ewigi Liäbi 永遠の愛

e0088895_20143097.jpg

山の上の3姉妹訪問で子どもたちが母親のギターに合わせて練習していたエービギ リアビ/Ewigi Liäbi(永遠の愛 )、スイスのmashというバンドが歌った曲だということが分かりました。

とっても素敵な曲なのでご紹介したいと思います。



姉妹が歌っていたのは、モンタフォンの方言でしたが、
オリジナルとだいぶ似ています^^

今まで写真のみでしたが・・・
これを機に、私の好きなドイツ語圏の音楽などもご紹介できればと思います!

写真は赤いチューリップの花言葉が「永遠の愛」ということで
唯一今年撮ってあった義母の庭のチューリップの写真です。
[PR]
by siasses_lebn | 2010-05-22 20:25 | 音楽 | Comments(4)

*オーストリア生活記* グリュース・ディッヒ!ご訪問ありがとうございます。オーストリアは西から。写真メインのブログです。西側の魅力を少しでもお伝えできればと思っています☆


by snowdrop
プロフィールを見る
画像一覧