ブログトップ

Siasses Lebn

*オーストリア生活記* グリュース・ディッヒ!ご訪問ありがとうございます。オーストリアは西から。写真メインのブログです。西側の魅力を少しでもお伝えできればと思っています☆


by snowdrop
プロフィールを見る
画像一覧

「オーストリアで一番美しい場所2015」 フォルマリン湖と赤い壁

昨年、オーストリア放送協会(ORF)の番組にて「オーストリアで一番美しい場所」に選ばれた
フォルマリン湖と赤い壁(Formarinsee und Rote Wand)に行ってきました。

e0088895_55411.jpg

フォルマリン湖/水面標高1793m
赤い壁/2704m



e0088895_7123475.jpg

フォルマリン湖は、雪どけ水でできている湖だけあって水の色が本当に綺麗で吸い込まれそうなほどでした!
(雪どけ水の量によって、毎年水位が変わるんだとか。最大水深17m。)

e0088895_7154293.jpg

赤い壁という名の山は、赤い石灰岩の地層が見えている特徴から、この名がついたそうです。
この地層にはアンモナイトが豊富に含まれていることから、
1.45億年前この辺りは熱帯の海だったことが分かっているとか!005.gif

赤い壁には、Freedom(自由)やSangere de Toro(牡牛の血)という名のクライミングのルートもあり、
地質学者だけでなくクライマーも魅了しているそうです。

また、400頭ものアイベックスが生息していることでも有名。

e0088895_719189.jpg
こんな動物です。

上記の情報は、ブログを書くために帰ってきてから少し調べてみて分かったことです。
湖の美しさだけで選ばれた場所ではないことに、納得!029.gif

この湖、なんとレッヒという村からバスが出ていて
湖のすぐ傍まで行くことができます。

e0088895_7221972.jpg

バスは教会の向かい側の停留所/郵便局前(Postamt)が始発です。
切符はバス停近くの窓口で買うことができます。

山歩き用バスと聞いていたので、マイクロバスみたなものを想像していたら
普通の大きなバスでびっくり。

e0088895_7265299.jpg

レッヒから約40分、この水色のバスで到着。

ここまでの道は、通行料が1人5ユーロ掛かります。
バス代は7.8ユーロでした。(2016年夏現在)

e0088895_7302550.jpg

バス停から、約40分で目指せる山小屋Freiburgerhütteがあります。
湖に向かって左側の熟練者コース(白青白の表示)だと約25分。
道が狭そうなのと急斜面を横切っていくみたいなので、今回は40分の白赤白コース(右周り)を歩くことに。

e0088895_736284.jpg
湖面に映った山小屋。(中央)

e0088895_7164272.jpg
こちらの写真、湖がハートのように見えて、気に入っている1枚です。

e0088895_20261530.jpg
モンタフォン地方の山々も見えました。

e0088895_7194543.jpg

今回、友人ファミリーとこんな景色↑を見ながらこんな場所↓でピクニック。

e0088895_7204223.jpg


e0088895_20232527.jpg
オーストリアで一番美しい場所2015に選ばれたという看板もありました。


e0088895_88964.jpg
Freiburgerhütte(フライブルガーヒュッテ)/1931m

e0088895_8165814.jpg

テラス席はいっぱいだったので、山小屋内へ。
ヨーロッパハイマツ(Zirbe)がふんだんに使われた部屋は、とても良い木の香りがしました。

e0088895_818446.jpg
メニューもなんだか可愛らしい♪

メニューの表紙にはもちろん、テーブルの上のキャンドルホルダーやトイレの便器のふたなど、
あらゆるところに053.gifマークが。

e0088895_8194445.jpg
胡椒と塩入れにも053.gif
ハートがいっぱい、とても温かみのある山小屋内でした。

せっかく山小屋まで来たので、飲み物を飲むことに。

e0088895_8355187.jpg

私が頼んだのは、左の自家製オレンジソーダ。
右は友人のカシスジュース。

e0088895_8211251.jpg

帰りは行きに陰っていた斜面に日が当たり、まるで別の場所に来たみたいな錯覚に。

以前のようには花の写真も撮らなくなってしまったのですが・・・
自分の中で珍しいかな、と思う花も。
e0088895_8221361.jpg
Alpen Kölme(Acinos alpinus)シソ科アキノス属
e0088895_8273818.jpg
Einköpfige Berufkraut (Erigeron uniflorus) キク科 カシヨモギ属

e0088895_8341874.jpg

山小屋内にあった、山小屋近辺で見られる植物ポスター。

e0088895_8372440.jpg
黄色い花は、Alpen-Greiskraut(Jacobaea alpina)
e0088895_8374384.jpg
紫の花は、Schmalblättriges Weidenröschen(Epilobium angustifolium) ヤナギラン

午前中は風が無く鏡のようだった湖面も、帰りは少し波立っていましたが、
湖面がキラキラ輝いてそれもまた美しかったです!

レッヒはオランダのロイヤルファミリーもスキーをしに訪れることで有名な高級山岳リゾート。
(英国のダイアナ妃も2人の王子とスキーをしに来ていたことで知られています。)

近いようで遠いこと、さらに物価が高そうで近寄りがたい気がしていたのですが、
バス停向かいの教会下?の地下駐車場はなんと1ユーロでした。

今回冬に比べて夏は訪れやすいということが分かり、また山歩きに来たいな〜と思いました。
フォアアールベルク州は小さい州ですが、改めて多彩な見どころがいっぱいだと感じました!


[PR]
Commented by Luna at 2016-08-31 21:40 x
どこも絵になる美しい風景ですね。
これぞ、オーストリアっていう感じです。
こんなところを歩いてお弁当を食べると美味しそうですね。
湖も空も、とってもきれいな色で、空気が美味しそう。
メニューの赤いハートがかわいいですね。エーデルワイスのマークがついているのも素敵です。
アイベックスは簡単には見られないのですか?
こういう場所が近くにあっていいですね。
Commented by siasses_lebn at 2016-09-01 05:59
■Lunaさん。
オーストリアで美しい場所に選ばれただけあって、本当にどこも絵になる所でした。
今回この湖を訪れて改めて、水のある風景っていいな~と思いました。山小屋を目指す山歩きもいいですが、今後色々な湖巡りもしてみたいと思いました。

今回おにぎり等軽食を持っていったのは正解でした!
何を食べてもいつもより美味しく感じました^^

アイベックスは険しい岩山とかに行かないとなかなか見れないですね。ここも山小屋に泊ったら、早朝とか見れるかな?なーんて思ったりしましたが、どうでしょう。

レッヒは思ったより近かったので、また訪れたいです。
by siasses_lebn | 2016-08-31 06:22 | オーストリア | Comments(2)