高級リゾート イシュグルでスキー♪

先週、ヨーロッパのセレブが集うという、チロルのイシュグルでスキーしてきました♪
チロルといえど、モンタフォンの最奥の村から山岳道路でつながっている隣の谷。
(冬の間は山岳道路が閉鎖されているので、アールベルク峠を越えてランデックから入ることになります。)
e0088895_15495218.jpg
リフト券窓口・・・大混雑!で、かなり待ちました。さすがスキーのメッカだけあります。
(何でも世界のスキー場ランキングで常にトップ10入りしてるんだとか)
e0088895_1645216.jpg
1日券でもチップが埋め込んであって、わざわざ機械に通す必要ありませんでした。
(スキーウェアーに入れたまま、感知してくれます。)

1日券で45.50ユーロ。ゲストカードがあると、41ユーロ。
モンタフォンのシーズンパスがある友人も41ユーロでした。
(2012年3月現在)
e0088895_16185167.jpg
イシュグルからは、このジルブレッタバーン(A1)で上がります。
ここには地下に駐車場があって、便利でした。
(午前中から午後19時まで5ユーロ。夜間5ユーロ。)
e0088895_1623948.jpg
ここのザイルバーン!
秋に日本の蔵王で見たフニテル(複式単線自動循環式)と同じ、ザイル(ロープ)が2本!!!
ちなみにフォアアールベルクのDoppelmayer(ドッペルマイヤー)製でした。
(Made in Austria^^)

全員着席18人の乗車が可能。
秒速6m、1時間当たり3000人の輸送力。(1年に訳140万人)
・・・こちらのサイトより・・・
e0088895_16403776.jpg
キャビンの中には、スキー板を挟んで、ぶらさげられる装置が!
e0088895_16483533.jpg
天気はあんまりだったのが残念でしたが、広大なスキー場でした。
e0088895_16492535.jpg
e0088895_1650260.jpg
山頂のあらゆる方面にリフトが張り巡らされています。
e0088895_1651255.jpg
山頂駅付近。
e0088895_16532244.jpg
この日は、イシュグル出身の旦那の同僚の案内で、まずは8人乗りリフトからスタート♪
ガイドがいなかったら、迷子になってしまいそうなくらい広い!!!
e0088895_1654234.jpg
途中で見えた看板には、なんとスイスの国旗!!!
ここのスキー場、スイス側(サムナウン)とつながっているんです。
e0088895_16555917.jpg
スイスから上がってくるロープウェイの到着駅。
e0088895_1657297.jpg
スイス側の村が小さく谷底に見えています。
e0088895_16573245.jpg
なんとこちらのロープウェイは2階建て!!!

[追記:2012.3.19]
名前はTwinlinerといって、世界初の2階建てロープウェイ。
一度に180人乗れるんだそうです。1時間に1600人の輸送力。
e0088895_16585417.jpg
パスポートなしで、スイス側のスキー場も滑りました♪
サムナウンまでいけば、DUTY FREEで買い物ができるんだとか。
e0088895_16595132.jpg
スイス側の山小屋レストラン。
e0088895_170249.jpg
天気のせいもあってか、もう自分がどこにいるんだか・・・。
e0088895_171677.jpg
スタート地点に戻ってきました。
写真に見えているのが、イシュグルからのジルブレッタバーン。
e0088895_1721772.jpg
この日は割と空いていたそうですが・・・それでも人・人・人。
こんなに混んでいるスキー場は久しぶり。
しかも、聞こえてくるのはロシア語ばかり。そう、ロシア人のセレブが多いみたいです。
e0088895_1732211.jpg
スキー場の案内図。

午前中は、スイス側に行ったり、あちこち上がっては滑って・・・の繰り返し。
視界が悪かったので、結構疲れました。
e0088895_1751794.jpg
午後は、少し早めに降りてきて。
e0088895_1761828.jpg
しつこいようですが、またジルブレッタバーンの写真^^

この付近にはたくさんのアフタースキー用のバーがありました。

ゴンドラもよく行くモンタフォンに比べると、なんだかモダンな感じ?
子どもが1人でも乗れるという、自動でセイフティバーが降りる最新式のリフトまでありました!




もともと、友人たちに誘われたときは、なんでわざわざ遠いスキー場まで行かないといけないの。
と思いましたが・・・行ってみたら新鮮さもあって、なかなか楽しかったです。
スキーしながら国境超える、なんてなかなかできないことですし。
変化に富んだコースがあって、飽きないでしょうし。
ただ、今年は雪が多かったという割には、雪がすでに少なくって。
(標高の高い所はいいんですが。)

今年はモンタフォンの方が雪が多く、雪質が良いように感じました。
(今週末にモンタフォンの別のスキー場に行く予定があるのでリポートしたいと思います!)

イシュグルは何もかもが、モダン!でしたが
個人的にはイシュグルほど俗化されていないモンタフォンの方が好きです^^

途中山の上で、お昼休憩もしましたが、別枠で記事にしたいと思います。


=続く=
[PR]
Commented by Luna at 2012-03-16 16:43 x
こんなに広いとどこに行っていいか分かりませんね。ほんと色々なところにリフトやロープウェイがあってどこを滑ったらいいのか迷いますね。
2階建てのロープウェイははじめて見ました。乗るときはどうなっているのですか?
山小屋のレストランも大きいですね。少ないといってもこの人出ですものね。ロシア人のセレブが多いですか。
国境を越えてスイスへとか、アルプスの尾根を下に見ながら滑るなんてスケールが大きいですね。さすがヨーロッパアルプスですね。
Commented by siasses_lebn at 2012-03-16 19:03
■Lunaさん。
そうなんです。こんなに広いと、どこに行ったらよいのやら。友人がいなかったら、1日でこんなに効率よく回れなかったと思います。あちこちくまなくリフトがありました。2階建てのロープウェイは私も初めて見たのですが、乗り降りする場所も2階に分かれているようでした。
山小屋のレストランも大きい&たくさんあって。しかも、上の方にはちょっと高級な感じのテラス席とかもあったりして。ロシアの上流階級の方たちとかに人気のあるリゾートのようでした。メニューにロシア語があったんですよ!
国境を越えて滑れるなんて、スケールの大きさはヨーロッパアルプスならではですよね^^貴重な体験ができました。
Commented by Schifahrer@TYO at 2012-03-16 19:19 x
たくさんの写真ありがとうございました。
Doppelmayer、 日本でも技術提携品でお世話になっています。でも、キャビンの中のスキー固定、初めて見ました。倒れたりしないから安全ですね。
Commented by siasses_lebn at 2012-03-16 19:55
■Schifahrer@TYOさん。
こちらこそ、見ていただいてありがとうございました!
Doppelmayer、日本でも技術提携品があるのですね!
キャビンの中のスキー固定は私も初めてみました。倒れたりしませんし、ガラスに傷もつかないので便利だなぁと思いました。
by siasses_lebn | 2012-03-15 17:44 | スキー | Comments(4)

*オーストリア生活記* グリュース・ディッヒ!ご訪問ありがとうございます。オーストリアは西から。写真メインのブログです。西側の魅力を少しでもお伝えできればと思っています☆


by snowdrop
プロフィールを見る
画像一覧